ハト撃退に有効なネットとは

img1-1

ハトがベランダに巣を作ってしまった・・という場合、追い出すのはかなり難しいと言われています。ハトは1度安全な場所と認識した場所に対して、強い執着を持つ鳥と言われています。
すでに巣が作られているという事は、ハトが安全な場所だと感じており、しっかり対策しなければハト撃退は難しいでしょう。

巣が作られている、ハトのフンや尿が多く落ちているなど被害が大きい場合は、ネットを張ってハト撃退する事をおすすめします。
ネットを張る事によって、物理的にハトがベランダに入り込むのを予防するハト撃退法です。

5センチ×5センチ程度の網であれば、ハトの侵入は防げると言われています。ネットには色々な種類がありますが、防鳥ネットを選びましょう。



防鳥ネットは鳥がつついても破れにくい素材で作られており、より侵入を防ぐ事ができます。



ただ、安全性の事を考えて、燃えにくい素材で作られているかどうかも必ずチェックしましょう。



難燃剤が含まれている、燃えにくいかどうかテストをして、クリアしているなどのネットを選ぶと、もし火災が起きた時も延焼のリスクを減らせます。
また、燃えにくい素材で作られているだけでなく、いざという時は人の手で破りやすい素材かどうかもチェックしたいポイントです。

破れにくい素材は丈夫ですが、火災や地震時などで取り残されてしまった場合、ベランダからの脱出が難しくなってしまいます。


もしもの時を考えて、防鳥ネットの素材を選びましょう。

ハト駆除の意外な事実

img2-1

ハト撃退はできるだけ早くに行う必要があります。巣を作るなど完全に住みついてしまった場合、素人がハトを追い出すのはかなり難しいようです。...

more

ハト駆除が気になる方

img3-1

都心であってもマンションのベランダなどにハトが巣を作ることがあります。まさか、自分の家には来ないだろうと思っていませんか。...

more

読めば解るハト駆除

img4-1

ベランダにフンや尿を落として悪臭がする・・などハトの被害は多く報告されています。ホームセンターなどには自分で対策できる、ハト撃退グッズが多く取扱われているので、ハトの被害に悩まされている方はチェックしてみましょう。...

more

ハト駆除の補足説明

img5-1

平和の象徴とも言われているハト、公園などで見かけると可愛いと感じる方も多いでしょう。ただ、家のベランダや軒先などに住みついてしまうと話は別です。...

more
top